ホワイトニングの仕組み

気軽に簡単に歯を白くすることができるのはホワイトニングです。
では、ホワイトニングとはどのように歯を白くしているのでしょう。

審美歯科でのホワイトニングはレーザーを使うことがほとんどで、その原理は結構簡単です。
まず、歯を白くするための薬を塗ります。これには過酸化水素が含まれており、レーザーを当てる事で酸素を発生させます。その酸素が汚れを分解して歯が白くなるという仕組みになっているわけです。
実際には、最初に歯にどのくらい着色しているのか機械で計測します。
次に歯についている汚れを水と風圧で吹き飛ばし、それからホワイトニング治療をします。より効果を高めるために必要な工程です。
それから、歯科で使う薬やレーザーは効果が高いため、歯茎に当たらないようカバーする薬を塗ります。
そして、やっとレーザー治療に移ります。照射時間は一本につきだいたい30秒ほどのようで、強力なレーザーのため時には休憩時間を挟まなければならない場合もあります。

最近ではレーザーを使わずジェルだけでホワイトニングできる薬も開発されたらしく、ますます気軽に歯を白くすることができるようになったのかもしれません。
歯科によっては施術前と施術後で歯の色がどれだけ変わったか分かりやすく教えてくれるところもあります。効果を実感できるのは楽しいことだと思います。

ホワイトニングしたあとは

ホワイトニングは繰り返し行うことで効果を発揮する治療法です。
一度歯科で行ったから大丈夫と、家でなにもしなくていいわけではありません。油断せずにいきましょう。

ホワイトニングには歯科で施術される「オフィスホワイトニング」、患者が自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。
審美歯科では「ホームホワイトニング」も推奨されています。
最初に気をつけなければならないのは、オフィスホワイトした後の24時間中に口に含むものです。
施術したての24時間中の歯はピカピカにもなっていますが、それと同時に着色しやすくもなっています。
できれば口にしない方がいいですが、コーヒーや紅茶等色のつきやすいものを口に入れたときはすぐ口をゆすぐようにしましょう。
また、歯科によってはホームクリーニング用のマウスピース等が用意されてることもあるようです。ぜひ活用しましょう。

オススメリンク

歯を白くしたいという方が居ましたらホワイトニングを大阪で検討する事が可能です。歯のホワイトニングを検討の方が居ましたらこちらの歯科医院をご利用ください。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031